アスパルテームの効果と安全性

ロビン・フリプセ、科学修士号、文学修士号、管理栄養士
カロリーコントロール協議会コンサルタント

世界の人口は、人類の歴史において未だかってない速度で高齢化が進んでいます。世界人口白書(International Population Reports)によると、現在、世界の総人口に占める65歳以上人口の割合は8.5%であり、6億7100万人です。この数字は2050年までに15億6600人までに急増すると予測されており、その場合、世界の総人口に占める65歳以上人口の割合は16.7%になります!

そのことがアスパルテームやその他のノンカロリー/低カロリー甘味料と何の関係があるのか疑問に思われるかもしれませんが、関係性があるのです。この先80歳代~90歳代まで生きるかもしれないのです。そのことは年齢を重ねても生活の質を維持できるよう、今現在より良い生活を送ろうというモチベーションを与えます。アスパルテームはその点で効果を発揮します。

アスパルテームの効果

アスパルテームは35年以上にわたり、食品添加物として承認されてきました。1980年代に砂糖よりも200倍甘い人工甘味料として食品供給に導入されて以来、研究成果はますます増えており、健康的なライフスタイルにおけるその役割が証明されてきました。とりわけ最もよく報告されている効果は、アスパルテームとその他の人工甘味料が以下の役に立つということです。

  • 体重維持
  • 減量
  • 肥満と関連するリスクの減少
  • 糖分添加が減り低カロリーであることによる食生活への満足度
  • より多くの種類の健康的な食事の摂取
  • 糖尿病の管理

世界保健機構の報告書によると、私たちは年齢が高くなるにつれ体重も増加する傾向にあるため、低カロリーの甘味料によって体重を管理できることを知ることは重要なことです。実際に、1980年以来、世界の肥満人口は2倍になりました。今日、太り過ぎと肥満は心臓疾患、脳卒中、糖尿病、そして一部の癌などの非伝染性疾病をもたらす主な危険因子であり、現在では、世界中で痩せ過ぎよりも死と関係があるとされています。

慢性疾患は年を取るにつれて人々の自立を妨げますが、その予防には、健康的な体重を達成することが自分自身で行うことができる最も重要な方法の一つです。砂糖の代わりにアスパルテームを使用することで、低カロリーまたはノンカロリーで、食べ物/飲み物に甘みを加えることができます。アスパルテームは減量を目指している方だけでなく、家族全員でお使いいただけます(ただし、意図的でない体重減少については常に医師に相談してください)。

アスパルテームは薬ではないため、その他の生活習慣を変えることなしには減量を達成することはできませんが、それはバランスの取れた満足感が得られる食生活を維持する上での貴重な手段になります。アスパルテームは、人生をより長く健康的で幸せなものにしてくれます。

アスパルテームの安全性

アスパルテームの安全性は、30年以上前に初めて食品添加物としての使用が認められて以来、食品安全分野の専門家によって厳しく監視され続けています。人と動物を対象とする新しい研究は、現在の暴露レベルまたは一日摂取許容量(ADI)での人々への潜在的なリスクを究明するために、既存の一連の証拠とともに定期的に評価されています。専門家は、アスパルテームによって遺伝子が損傷したり、癌が誘発されたりすることはなく、また脳や神経系に障害が及んだり、小児または成人の行動もしくは認知機能に影響が及ぶようなことはないと報告しています。また、妊娠中にアスパルテームを現在のADIレベルで摂り続けても、発育中の胎児に何のリスクも及ばないことが分かっています(ただし、フェニルケトン尿症(PKU)の女性を除きます)。

現在までに90カ国以上を代表する規制機関が、アスパルテームに関する科学文献の独自の調査を実施し、自国の人々に対するその使用を認めています。それらには、米国、カナダ、欧州食品安全機関(EFSA)の加盟国、フランス、オーストラリア、ニュージーランド、そしてブラジルが含まれます。2013年に、EFSAは食品添加物としてのアスパルテームの安全性に関する科学的意見を再び発表し、現在の曝露推定量に基づくその安全性に対する懸念はなく、そのため1日につき体重1キロあたり40mgまでというADIを変更する理由はないと改めて結論付けました。

それは、特に、ある一つの研究による相反する情報が話題になる際など、非常に多くの専門家の間でアスパルテームの安全性に関する意見が一致していることを知ることは心強いことです。90歳代まで健康に生き続けることは、それだけで十分大きな挑戦です。アスパルテームの安全性の心配は無用です!

ロビン・フリプセ(Robyn Flipse)(科学修士号、文学修士号、管理栄養士)は管理栄養士、文化人類学者およびカロリーコントロール協議会(Calorie Control Council)の科学顧問であり、これまでの30年以上の経歴の中で、栄養カウンセリングを行い、大学で食品と栄養に関するコースの教鞭を取り、ダイエットに関する2冊の書籍と健康やフィットネスに関するさまざまな記事やブログを執筆してきました。 複雑で時には議論を引き起こす栄養関連のニュースを筋道を立てて理論的に説明する能力が評価され、現在、CNBC、FOX News、そしてUSA Todayなどの大手メディアの常連のゲストとなっています。彼女は、日々の食生活において、人々が最適な食事の決定を行えるように、栄養に関する実際に役に立つ情報を伝えることに情熱を注いでいます。彼女に関する情報については、ツイッター(@EverydayRD )やブログ(The Everyday RD)をご覧ください。