毎日わずか100kcalの我慢で肥満を防止

8701161794_2cde566192_o1日に摂取すべきカロリーは人それぞれ異なります。毎日摂取すべきカロリー量は、その人の年齢、身長、性別、日々の活動量のほか、体重を増やしたいか、減らしたいか、または現状で維持したいかといった要素に依存します。

毎日の活動量、飲食物を記録することは、自分の食事の傾向を知るのにとても有効です。あなたが一般的な生活をしているとしたら、カロリーを摂りすぎている可能性があります。その場合、どうすればよいでしょうか。まずは、あなた自身のSMART目標を設定しましょう。SMART目標とは、Specific(具体的)、Measurable(測定可能)、Attainable(達成可能)、Relevant(適切)、Time-bound(明確な達成期限)の条件をすべて満たす目標のことです。漠然とした目標ではなく、このような目標を決めることで、実現可能性が高まるのです。

1日を通してカロリーを燃焼させる簡単な方法を以下に紹介します。

  • 自転車をこぐ:自転車のペダルを23分間(距離にして約7.4km)踏むと、約200kcal消費されます。ジムでサイクリングマシンを使用するか、家の近所を1、2周回るとよいでしょう。
  • 犬を散歩に連れて行く:25分ほど元気よく歩くと約190kcal消費されます。
  • 家族とボウリングに行く:1時間のゲームで約200kcal消費されます(ビールなどを飲みたくなるかもしれませんが、ここは我慢です)。
  • プールに行く:水泳(泳法は何でもかまいません)、ジョギング、レーンウォーク、立ち泳ぎなどを30分間行うと、約200kcal消費されます。
  • エレベータの代わりに階段を使う:1日3回、階段を3階分上ると、約45kcal消費されます。1階分の階段は約12段です。
  • 1日中せかせか動き回っていると、100kcal消費されます。
  • 普通のソーダをアスパルテームを使用したダイエットソーダに切り替えると、カロリー摂取量を約150kcal減らすことができます。

要するに、運動を怠らず、たとえ短期間で目標を達成できなくてもあきらめないことです。達成できない目標については、設定し直す必要があるか考えましょう。自分のスケジュール、意欲を掻き立てられること、また困難でもやり甲斐を感じることなどをよく勘案して目標を定めるとよいかもしれません。例えば、あなたは仕事中のほうが自制心を発揮できるでしょうか。それとも、あなたの目標達成に協力してくれる家族や友人と一緒に過ごす週末のほうがやる気になるでしょうか。

そして、効き目があるといって売り込まれる、さまざまなダイエット法についてはどうでしょうか。数あるダイエット法の中には、話がうますぎて期待外れに終わりそうなものもあることは確かです。しかし、タンパク質や脂肪に焦点を合わせたり、炭水化物の摂取量を削減するようなダイエット法も確かにあります。科学の教えに従えば、食事の特定の傾向だけに目を奪われることなく、長期にわたってカロリー摂取量を減らせるようなダイエット法に重点的に取り組むことが重要なようです。